JOIN US AT NEXUS 2022 | REGISTER NOW

危機的なオミクロン変異株に関する質問への回答

感謝祭の休日の週末に出現した新しいオミクロン変異株により、科学者は数々の疑問を理解するべく途方もないプレッシャーにさらされています。

1. 現在のワクチンとブースター(追加接種のワクチン)は、微調整する必要がありますか?

科学者達は、ワクチン接種を受けた人や動物から抗体を採取するとともに、オミクロンのゲノム配列を解析することで、現在のワクチンとブースターがオミクロン変異株を中和できるかどうかを競って見極めようとしています。変異株に耐性がある場合、またはウイルスを中和するためにより高い力価の抗体が必要な場合は、ワクチン/ブースターを微調整する必要があります。

2. オミクロン変異株の感染力はどのようなものですか?それはデルタ変異株と比較するとどうですか?

オミクロン変異株の現在のワクチンとブースターへの耐性が部分的であり、かつ感染力が低い場合は、それはそれほど問題ではなく、特定の地域に留まるだけなので、デルタ株のような新しい波の原動力にはならないでしょう。

昨年のウェビナー 1『Emerging Trends and Data about SARS-CoV-2 Epidemiology and Genetics from a Data Analytics Perspective』(12分01秒頃)において、PerkinElmer Informaticsのプロダクトポートフォリオ ディレクターであるダン ウィーバー(Dan Weaver)博士は、あらゆる関連ソースからゲノム配列決定データを収集し、アノテーションを始めた国際社会全体の努力を認めました。このウェビナーから数か月経った今、国際的な科学コラボレーションと、Signals Inventa™2のような堅牢なゲノム・データ解析ツールと、データインサイトを共有する国際的な科学・データ解析コミュニティへの参加が極めて重要であることを、まさに目の当たりにしています。こうした活動があるからこそ、公衆衛生当局が市民を導き、命を救い続けることができるのです。

科学者が利用可能なデータを収集・解析し、国際的な科学コミュニティに重要な洞察を提供するためのインフォマティクスツールがこれまで以上に必要とされています。これらの変異株に関する遺伝子調査や科学・データ解析の洞察を共有するという観点からも、科学的な共同研究をグローバルに行うために、科学コミュニティへの参加への取り組みを続けていきましょう。私達の科学ソフトウェアが、パンデミックの危機的な時期にこの取り組みを支援し、国際的な科学コミュニティにおいて命を救うためのワクチンと抗ウイルス治療を創造し続けるのに役立つ力があることを身に染みて感じています。

Signals Inventa 2の詳細や、私達が提供する創薬・材料科学における様々な低分子・バイオ医薬品研究開発のお客様へのサポートについては、こちらをご覧ください。 科学・臨床研究開発アプリケーション向けのTIBCO®Spotfire®の独占的プロバイダーとしてのPerkinElmer Informaticsの詳細については、こちらをお読みください。上記のウェビナーは、PerkinElmerInformaticsのCOVID-19 Analytics Resource Centerの所有物です。

1 このウェビナーは、COVID-19 Analytics Resource Center(https://info.perkinelmer.com/covid19-analytics)で閲覧可能

2 旧名称:Signals Lead Discovery

node:field_display_author:entity:field_person_image:entity:image:alt
PerkinElmer Informatics

PerkinElmer Informatics:科学的ブレークスルーを加速


科学者がより賢明な決定を下し、人生を変えるような科学的躍進をもたらす効果的な治療法を開発できるよう、私達はエンタープライズ向けソフトウェア ソリューションで貢献します。